5550.jpga738e4628c4fa3d8e3e48add9a02ef8d_b7ZCGyJ8Hv9qHooYt-1-1.jpgAqKTm9fCQAE4Iea.jpgDazed0019_20120524225518.jpg

mikeneko diary

その時々に自分の好きなものや日々のこと、語っています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
2011/10/16

魔法の手

写真は先日の残りのものですが…
過酷な夏を過ぎてもこうやってキレイでいてくれる、こういうものを増やして
夏でも見るのも嫌になるような庭にならないようにしたいわ…。

005_20111012163419.jpg

多肉の巻絹は夫とまだ付き合っていた頃、私が多肉にはまっているのを見て
夫がプレゼントしてくれたもの。これだけは枯らしてはならぬと思ってます(笑
子どもが増えてたので、植え替えておきました。
巻絹って白い糸状のものがもっと葉っぱに巻いてるはずなんですが
季節的なものか、今は普通。

001_20111012163420.jpg

今日は深夜明けなんですが、昼ぐらいから眠ってしまって起きたら
「今何時?仕事に遅れた!?」と\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?状態(笑
明けで寝ると分かんなくなっちゃうんですよね。
同僚に訊くと、みんなあるみたい。我に返って、深夜明けで今日は何もないんだと分かるとほっとします。
休日で静かな夜勤でしたが、30代後半から起きてるだけで堪えます(笑
具合の悪い患者さんもいたんですが、少し時間をとって援助できたのでよかった。
病気ですごく痛い時、しんどくて身の置き所がなくなってる時…
麻薬の鎮痛剤も効かないのに、人の手でさすると楽になるんです。
体の向きを変えたり、血圧測ったりする時は少し触れても痛がって嫌がる患者さんも
さすることが目的で触れると痛がりません。
すごいね、人の手のチカラって。こんな魔法の手を使わなきゃ損損。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2011/06/03

自我自賛な休日。

今日は雨は降っていませんが日射しは見えず。梅雨っぽいです。
明日はお日様マークが出てたけど仕事です。
次の休みは連休で9、10、11日。
ここで庭仕事しないと月末まで連休ないので晴れるといいな~。
休みは夜勤明けのことがほとんどなので翌日はなかなかしんどくて。

昨夜は久しぶりに座る暇がない夜勤でした。
とは言っても入院や緊急処置、長引いた治療処置の送迎や観察などの
しなければならないことをただこなしていく忙しさではなく
患者さんが多いながらも細やかに対応するための忙しさ、という自分の好きな忙しさ。
あと一回多く顔を見に行って声を掛けてあげられたらいいのにっていうのができる夜勤でした。

私の担当だったチームは60歳前後の若い患者さんが多めで、下の世話などはほとんどないんだけど
微熱や痛みを抱えていたり、癌治療中だったり…少々のことは自分で我慢してしまう感じの方が多くて。
「遠慮は無用!私を呼んで~。何でも言って~。」オーラを振り撒いて頑張ったつもり。
看護師は無用で落ち着いててゆっくりしたい患者さんと、そう見えてても本当はそうでない患者さんの
発するサインを見破るためには自分に余裕がないとできないんですよね。
空気読みつつ馬鹿を言って患者さんを笑わせるのも好き。
笑いは免疫機能を高めるっていうのを信じてるの。
胃癌で腹水で腹パンパンの患者さんを笑わせ過ぎて苦しくなったという苦い過去もありますが。
「しんどいやんけ~。」と怒られた…。
所詮医療、治療っていうのは、自分の治癒能力を手助けするだけのもの。
私の自虐ネタジョークも立派な治療ってもんですよ、ホホホ。おデブな体も役立つってもんです。

こうやって頑張るのも自分の満足のためですけど、それが多少でも人の役にもたつなら一石二鳥よね。
やめたいと叫ぶ日も多いけど、楽ちんなことに満足感、充実感はないですからね。
これが歳を取って学べた事の一つ。だから頑張れる。

1日休みで明日は仕事なので、今日は庭仕事も休み。
テニス観てファイトする選手のメンタルに感動しつつ
マッサージクッションでパンパンの腰と背中をほぐしながら
「選手に負けず昨夜の私も結構イケてた!」と英気を養う休日です(笑

最近仲良くさせて頂いてるyanaさんもケアの仕事をしてて
ウチの何倍も素敵な庭を育ててるんですけど、仕事の記事を読ませてもらいパワーをもらっています。
なので今日は仕事の話をしたくなってしまいました。庭記事でなくてスミマセン~。
撮りためた写真ももうなくなっちゃったし(^_^;)

もうこれで終わりです。

鉢植えのミニバラみさき。今年もなかなかの出来でした。

011-1_20110603135734.jpg

012-1_20110603135733.jpg

グリーンがキレイだった通路の一角。

046-1_20110603140016.jpg

太い足にもたれるちびた(笑
かかとガサガサね…(゜-゜)

059-1_20110603140016.jpg


web拍手 by FC2
2010/09/21

愚痴っています。

準夜勤務に行ったら患者さんが一人亡くなっていなくなっていました。
何も食べられない状態だったので、煙草と外の空気を吸うのを楽しみにしてた患者さんでした。
足が立たなくなって一人で煙草に行けなくなった時、私は時間をなるだけ作って煙草に一緒に行ってました。
自分が煙草を吸うのもあって、行きたいだろうなあというのがよく分かっていたし
もうあまり時間が残っていない彼にしてあげられるのはそれくらいしかなかったし。

でも夜間看護師が3人しかいない時には「夜は行けません。」と断る看護師もいました。
で、それが話し合いになって「統一した対応をしなければいけないので、
夜は断るようにしてください。」と申し送りが。
私は抗議をしました。行ける時は行ってあげてもいいのではないか?と。
でも反対意見の方の言い分はこうでした。
看護師が一人欠けたら、残った2人で病棟全体をみなければならない、
急変や、他の患者対応がおろそかになるのは問題だ、と。
確かに正論です。
でもご飯休憩に行ってる時は2人でみてるじゃないか、院内PHSがあるのだから
何かあったらすぐに連絡はつくのだから、いいじゃないか、と私は思いました。
唯一の残された楽しみをかなえてあげるのも、ケアじゃないか、
そのために残った二人が協力して病棟の患者対応をすればいいじゃないか、
何なの、その冷たい対応は、と。

何とかもう少し本人の希望に添うような対応を考えて欲しいと粘って
もう一度話し合いを持つようにするということになったのですが
翌日から親戚の方が付き添ってくれるようになり、話はつきつめられることなく終わりました。
私は胸をなでおろしました。そして4日後彼は亡くなりました。
私の胸の中には意見が対立したスタッフに納得できないものが残っています。

看護って何だろう。看護観は一人一人違うものだし自分が100%正しいとは思っていないけど
なんだか空しい。やりきれない思いです。
今日は仕事帰りに缶チューハイを買って帰ってきました。弔い酒の気分です。
今の病棟になって何十人もの患者さんの臨終に立ち会ってきました。
全員といっていいほど彼らの事を覚えています。
いくつものその時にこらえた涙が今日まとめて出てきたかのように涙が出ます。
情緒不安定なのか、疲れてるのか。感情的になってはダメですからね。認めてもらえないし。

看護って科学なんです。全てのケアは根拠に基づいて意味をもってなされるんです。
多くの医学の知識や看護の知識を持って理論的にものを言えるスタッフは一目置かれて発言力もあります。
そりゃ、もちろん給料もらってやってる仕事なんだけど…
でもね、やっぱり私の看護は知識と技術とともに「やっぱ、愛がなきゃ、愛。」なんだー。

web拍手 by FC2
2009/10/15

種まきとナースこぼれ話

学生指導の研修、学生時代に勉強したことをもう一度勉強したりすることも。
看護師として経験を積んで改めて聞く話はとても新鮮だったりします。
看護とは実践の科学と言われますが、学生時代の実践がない状態で学ぶのと違い
自分の中にすっと落ちていく感じがあります。
学生時代には面白くも何ともなかった「エリクソンの発達心理理論」なんて相当面白かったです。
小学生の子どもって、秘密基地作ったり、意味もなく学校帰りに「この小石を家まで蹴り続けて帰るんだ」とかしませんか?
あれなんかもあの発達段階の特徴なんですよね。
あと、乳児の人見知りは正常な発達をしている証拠なんですよ。
反抗期もね(*^_^*)
あんまりあれこれ書いてもつまんないでしょうから、この辺にしましょうか(笑

そうそう、皆さんに送った後の残り物のオルレイヤ、少しだけ種まきしました。
まだ発芽はしてませんが、オルレイヤは発芽に時間が少し掛かるので気長に待ちましょう。

011_20091013160401.jpg

サラダ用に水菜とほうれん草も。

012_20091013160400.jpg

庭は夏の名残りと秋の景色が混在しています。
去年室内で冬越しさせたネコノヒゲ。少しだけ咲きました。

006_20091013160402.jpg

トレニアも花が多くなってきました。今頃?(^^;

010_20091013160401.jpg

クレマチスは秋の姿に。

007_20091013160401.jpg

赤葉クローバーもいい色になってきました。

005_20091013160402.jpg

看護師徒然。もうひとつ、心にしみる出来事がありました。
先日の勤務の時、日曜ということもあって患者さんと結構おしゃべりする時間が。
庭作りや植物の話で盛り上がり、気づいたら30分以上も部屋に居座っていました(^^;
でもその患者さん、普段はすごく無口なんですよ。意外な一面が見られて嬉しかった(*^_^*)
がんで見つかった時には手術はできない状態でした。今は抗がん剤治療中です。
がんであること、手術で完治させることも難しいということ、ご本人もご存じです。
最初に聞いた時のショックは大変なものだったと思います。
今後のことを考えると眠れない夜も多いでしょう。
でも人間って強いんですよ。どんな危機にも適応し向き合っていく能力を持っています。
その方も自分に降りかかってきた状況を受け入れがんと闘っています。
「赤花の金木犀を買ったんだ。珍しいでしょう。まだ届いてないけど。楽しみでね。」と話してくれました。
どうか花の付いた株が届きますように。来年の花は見れないかもしれないから。
頑張っている患者さんの前では私たち、何もすることはありません。
抗がん剤が効きますようにって祈るくらいしか。でもね、手は離しても目は離さないですよ。
○○さん、いつでもそばにいるからね!
未来は誰にも分かりません。1日、1日を大切に生きよう。

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
web拍手 by FC2
2009/02/13

今日の勤務での日常茶飯事な出来事(・∀・)

は~、今日は患者さんが急に増えてて忙しかった~!
夕方4時半から夜中の1時までフル活動でした。
それでもトイレに行く暇はあったから、まあまだマシか(-_-メ)

なんだかここって何病院?みたいな患者さんも多くて(^^;
何時くらいだったか、もう消灯は過ぎてたから10時か11時くらいかな~
「うぉ~、うぉ~」って怪しい声が聞こえてきて
夜勤の相方と顔を見合せて「ウチの病棟?隣?」って詰所から廊下を見に行ったんです。
そしたら隣の病棟から、この声とは明らかに違う年齢不詳の
オウムの麻原みたいな髪型したおばさん
すごいスピードでこっちへ向かって歩いてきてるんですよ~(恐
「私は帰りたいのよ~っ!」って叫びながら(笑
病人の歩くスピードじゃないから!
その近辺の部屋からはさっきの「うぉ~、うぉ~」も聞こえてて
もうここって何?動物園かよ!(あ、暴言ですね。スミマセン。)状態~。
ひえ~って思ってたら隣の病棟の看護師が走ってきて、おばさん確保!(笑
でもって「いや~っ!帰らせて~!」
「うぉ~、うぉ~」の合唱♪


まあこの方達は隣の病棟なんで、ワタシ達には害はないんですけど(笑

ウチには歩けないパワー全開のおばあさんがいたくらいです(^_^;)
部屋がなくって、4人部屋に移ったその方は私達には見えないものがたくさん見えるようで(笑
あまりにも独り言の声が大きくて同室者が眠れないとクレームが~。
仕方なく詰所の一角にベッドを持ってきたはいいけど
「ほら!ほら!そこで火が燃えてる~!」
\(゜ロ\)(/ロ゜)/

私のとった行動は…カルテでその辺をバシバシ叩いて
「ほら!○○さん!消えたよ!」(・∀・)
相方には「Aさん、エライですね。僕はもう相手できる体力がありません…」って
言われちゃった(・∀・)
でも満面の笑顔で「ほら、ほら、ねえさん、まだ煙がくすぶりよるよ」とか言われちゃったら
笑っちゃうしかないよな~(・∀・)でも頼むから寝てクレ(-_-メ)
入院時は吐血でぐったりしてて、しゃべる元気もなかった人だったのに(笑
でも笑ってられるなら、認知症もまあいいかと思えますね。カワイイから(笑
それにおばあさんのゴツゴツした手とか見てると
いっぱい大変な野良仕事しながら家事も子育てもしてきたんだろうなあって思うんですよね。
キレイごとじゃなく。
「いい仕事だな、看護師って~♪」って思えるんですよ、こんな時。
楽しそうでしょ、看護師!(・∀・)kangosi02.gif




web拍手 by FC2
2008/02/17

ごめんね、Sちゃん。

今日の勤務は日勤。
日曜日ということもあり、比較的ゆったりな1日でした。

きょうあった仕事中のこぼれ話。
ウチの病棟に入院中のSさん。
70代ですが脳梗塞を昔に患ってその後遺症から認知症もあり、寝たきりの状態です。
今回は呼吸がしんどくなっての入院で、病気は気胸ですがこれは手術予定。
手術が決まるまで時間が掛かり(保存的治療にトライもしていたので)
入院も随分長くなってしまっています。
長期間の寝たきり生活のため、手足も縮こまっているし
発する言葉は「痛~い」「ひや~い(寒い)」「いや~」ぐらいで
呼びかけに対しては返事はしてくれません。
このSさんなんですが、体も小さくて顔もなんだか小動物みたいで可愛いのー。
入院が長くなると情も移ってしまうんですよね。
看護師みんなが仲間内では「Sちゃん」と呼んで何かと気に掛けています。
そのSちゃん、最近少し調子が良くて、時々上記以外の言葉も発することがあるんですが
今ひとつ何を言ってるかは聞き取れない。
今日私は部屋担当でもないのに、Sちゃんのそばに行き
「Sさーん、返事してー。呼んだらハーイって言うてよー。」などと話しかけていました。
すると「Sさーん!」「…ハ~イ…」って、弱々しい声でしたが返事をしてくれたんですよー。
私、嬉しくって部屋担当の看護師を呼んで「Sさーん!Sさーん!」って連呼しちゃいました。
でもSさんの返事はなく「Sさーん。さっきは返事してくれたのに~。Sさーん!」
すると…「もういい~…」って(涙
そんな言葉を発したときがなかったので
もう一人の看護師もびっくりすると同時に思わず苦笑いで
「Aさん(私)、うるさいってよ!」と言われちゃった~。
よっぽどうっとうしかったのね、Sちゃん。ごめんよ~。
CIMG1095.jpg
web拍手 by FC2
2006/10/16

ナースのこぼれ話

今日は深夜明けでした。
作った花壇に植物を植えたかったけどやっぱり寝てしまった(‐_‐;)
まあ、明日準夜勤務を終えたら2連休なので
そこで頑張りましょう・・・。

最近深夜明けに何かするっていうのがキツくなってきた。
今の病棟が前の病棟より忙しいというのもあるだろうけど
やっぱり歳のせいだろうか・・・複雑な気持ちだ・・・。

今の病棟は高齢化社会の象徴のような感じで
60代っていうと「あら、お若い!」ってなもんなんだけど・・・。

ここでちょっとこぼれ話。
高齢者というのは環境が変わると今まで何にもなかった人が
急に認知症っぽくなったりする。(いわゆるボケちゃったみたいな感じ)
私たちは「不穏」と言ったりするのだが。
認知症がひどくなったりね。
それは特に夜間ひどくなるケースが多い。

先日そんな感じになっている方にお昼ご飯の時
持参の「アラ!」(海苔の佃煮のアラね)を開けてくれと頼まれ開封しました。
塩分は高いだろうけどそんな制限食の方でもないし
これで食欲が湧くならいいでしょうって思って。
その日は半日勤務で、午前中仕事をして深夜12時から出勤。

そして深夜業務であるカルテ整理をしながら
さーっと記録に目を通していくのだけど
そこにはある患者さんの驚愕の記録が・・・。

以下大体の記憶で抜粋。
【夕食後、ふらつきながら壁をつたって廊下に出てきている。
全裸で体中に「アラ!」を塗っており
「ここは母屋かね?」などの意味不明の言葉聞かれる。
全身清拭(体をタオルで綺麗に拭くこと)し、臥床すすめると素直に応じる。】

ここは母屋じゃありませーん。病院です。病・院!


全裸に「アラ!」って私の開けた「アラ!」かよ!犯人私かよ!
片付け大変だっただろうなあ・・・。スマン、準夜さん・・・。

あとはこんな記録も。患者さんには悪いけど私的には爆笑モノ。
【物音がしたため、訪室すると 全裸で 床に 放尿 している。
声を掛けると 笑顔で マーゲンチューブ(鼻から胃に入れているチューブ。
入れるのも抜くのも結構ツライ)を自己抜去す。
見ると点滴ラインも途中から抜いており部屋中に尿と血液汚染あり。】
笑顔でってコワ過ぎ(爆)!

ちなみに記録には残らない申し送り用のワークシートには
「ホラー映画状態でした。近くの部屋に移動するか
家族に付き添ってもらわないと厳しいです。」とか書かれてあった・・・。

あと夜なかなか寝なくて動こうとする患者様は
車椅子でナースステーションに看護師と一緒に
ちょこんと座ってたりするんですが、この前の深夜、3時頃。
カルテ整理に必死の私達の足元で「じょぼじょぼじょぼ・・・」という音が。
テーブルの下を覗くと紙オムツから横チン(失礼)して放尿~。
みんな「ひえ~!」っと退きましたよ。
キャスター付きのイスで一斉にシャーッと後方に。
もう出るだけ出してください状態で、後から掃除しました。
だって散らされたらヤダもん。

まあ、見に行ったら全裸で失禁なんてのは日常茶飯事だけどね・・・。


web拍手 by FC2
2006/09/24

秋の夜長にあれこれと思う・・・

準夜が終わってのんびり中。
テンプレートもコスモスにしてみたりして。
明日とあさっては連休なので嬉しいな。

今から深夜の換水予定・・・。
めっきり涼しくなって、夜は寒いくらいです。
ブログに載せる話題もあまりなくってまったり気味。
仕事は相変わらず忙しいのだけれど・・・。

今日の準夜でも入院が1人ありました。
この患者さん、なんだか様子が変だと思ったら
精神科疾患をお持ちなのだそうで・・・。
お風呂もしばらく入っていないのか髪はねっとりしているし
声を掛けても返事がない時もあるし
大丈夫なのかな~(´∀`;)

毎日毎日、こんなに病気の人がいるんだよね。
ウチの病院、ほぼ満床に近い。
自分がこうして元気にいるのが奇跡のように感じてしまう今日この頃。

先日勉強会で癌の告知について意見交換なんかをしたのだけど
やっぱり今でもこの辺は田舎なせいもあるのか
まずは家族に告知して、本人にも告知するっていうのが一般的だ。
しかも本人への告知は中途半端なものが多い。
癌であることは告知しても、
転移があって治癒の望みが薄いことなんかは言わずに
まずは「頑張って治療しましょう」と説明することが家族の意向でも多いのだ。
告知についてはこれという正解はあり得ないし
いつの時も永遠のテーマなのだろうけど
私なら余命までしっかり聞きたいと思う。
人生の後片付けもあるからね。
元気なうちに自分の意向はしっかりと家族に伝えておくことが大事です。

そういえば、旦那とはそのことについて話をしたことがないなあ。
近いうちにちゃんと話しておこうっと。
web拍手 by FC2
2006/05/23

忙しかった~(>_<)

今の病棟の準夜勤務はいつも忙しいのだけど
今日は半端ではなかった。
一度にしなければならないことが3つも4つも重なって
さすがにパニくりそうになってしまった。

晩の6時に重なった仕事が
1.検査後の安静が解除になって尿の管を抜ける時間になったので
抜いて欲しい、体も拭きたい、着替えたい
2.不整脈の入院患者さんの点滴確保と血栓予防の点滴、入院の説明
3.外泊後帰ってきた患者さんの晩御飯が来ていない
4.持続で点滴している患者さんの点滴の更新
5.オムツしている患者さんのオムツ交換
これらに加え夕方の検温も重なる…。

こんな夜は患者さんの話もゆっくり聞いてあげることもできず
私自身も忙しいだけで満足感に欠ける。
それにしても、とにかく疲れた…。

今までは準夜の後の夜が唯一のゆったりした時間だったのに
疲れた上に残業があったりすると帰ったら3時過ぎていたりするので
ブログも更新できやしない。
最近は夜が明けるのも早いので、この時間だと明るいし(‐_‐)

天気は悪そうなのでゆっくりしたいけど
今から寝てあんまり遅くまで寝ると夜眠れなくて次の日の朝がつらいんだよね。
でも自然に目が覚めるまで寝たい~。
そうだ、そうだ寝たいだけ寝ればいいさ。
ということで、そろそろ寝よう…。


web拍手 by FC2
2006/05/09

深夜明け

深夜勤務が明け、先程帰宅。
今日の深夜はちょっと失敗をあれこれとしてしまった。
朝の8時に点滴をとって、日勤帯で抗がん剤治療を開始予定の
患者さんの8時の点滴をとり忘れていたのだ。
通常忙しい深夜勤務の朝に点滴をとっておいてくださいなんていう
指示はあまり出ないはずで、申し送りもされていなかったので
罪は(?)軽いが、チーム連絡板にあった注射指示書には
書いてあったので私のミスである。
日勤者がすぐとってくれたので、患者さんの治療には支障はなかったのだけど、日勤者には朝の忙しい時に仕事を増やしてしまい
迷惑を掛けてしまった。
ちょっと慣れてきた頃が危ないのだなあと反省しきり。
結構ブルーになってしまっている。

日勤のリーダーに「今日の検査予定のカルテは記録が済んだらこっちに分けておいて!探すのが大変!!」などと言われてしまったり。
そんなことは初めて聞きました、リーダーさん…。
まあでも気が利いてたら、言われなくてもできることだよなあ。

あと日勤が朝イチでする検査に使う試薬が準備されているかどうか
確認していなかった。
前日の日勤でちゃんと準備されていたので問題はなかったのだけど
深夜でもダブルチェックしておかなければ、いざ採血という時困るのだ。
この検査については、4月の半ばに教わっていたのだけど
試薬の準備の確認のことはすっかり忘れていた。

どれもこれもそうは大変なことではないのだけど
なんとなく「私ってデキナイ看護師ね…」という気分になってしまう。

同じ失敗は2度とすまい、と思う私でありました。

気分を切り替えて家事を片付けなきゃ。
深夜明けのいつものスケジュール。

掃除機掛けて~、猫のトイレの掃除して~
餌入れと水の容器洗って新しく入れて~
ご飯炊いたり晩御飯の下ごしらえして~。

ブログ更新の前に片付ければいいようなものだけど
この文章を書くひとときが、気持ちの切り替えに
必要なモノだったりするんだよね。
web拍手 by FC2
次へ>>

■  FC2カウンター

■  カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■  リンク

■  カテゴリ

■  検索フォーム

■  最近の記事

■  最近のコメント

■  月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。